コンタクトレンズ
◆メガネレンズがとにかく安い! 
コンタクトレンズ比較で激安コンタクトレンズを手に入れましょう。ハード、ソフト、使い捨て問わず、コンタクトレンズの価格、性能を比較!通信販売で激安コンタクトレンズを手に入れましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これは怖い疾患です。「点状表層角膜炎」が比較して「表層」に起こるものであるならば、潰瘍はその奥まで浸潤してしまうものだからです。
原因は様々な要因が重なるのですが、やはりレンズの汚れや長時間の無理な装用、アレルギーや微生物、などが考えられます。

自覚症状は、ハードコンタクトレンズならば激痛、充血ですぐにわかります。半端な痛さではないので、すぐに眼科に行くと思われます。
怖いのがソフトコンタクトレンズの装用者です。
ソフトコンタクトは、角膜を覆ってしまっているために、痛みを抑えてしまう働きがあるのです。

そのためレンズを外すと激痛に襲われることになりますから、外してもまた装用してしまったりして悪化してしまうこともあります。
ですからハードの装用者と比較すると、発見が遅くなってしまいがちなのです。

とりあえず、治療としてはコンタクトレンズの装用は絶対に中止します。そして原因となる菌を特定して、抗生物質の点眼をおこないます。
眼軟膏を使ったり、場合によっては内服薬までも処方する場合があります。
「点状表層角膜炎」に比べると、治りは格段に遅くなります。

症状がよくなってきても、以前のコンタクトレンズは使用できません。
レンズの種類を変える、ケアの方法も変える、などの対策をしないとまた再発する恐れがあるからです。

連続装用をしていた人には、1日使い捨てにする、などの必要がありますね。

しかし、この疾患の患者さんは増えています。使い捨てのコンタクトレンズなのに、その期間を過ぎても装用してしまう人が多いからです。
絶対に使用期間は守りましょう!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。