コンタクトレンズ
◆メガネレンズがとにかく安い! 
コンタクトレンズ比較で激安コンタクトレンズを手に入れましょう。ハード、ソフト、使い捨て問わず、コンタクトレンズの価格、性能を比較!通信販売で激安コンタクトレンズを手に入れましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史のところで少し述べましたが、メガネとコンタクトレンズにはそれぞれに利点があり、またそれぞれに欠点もあります。
それを比較したうえで、あなたにはどちらがいいのか選ぶ必要がありますね。
ただし、コンタクトレンズを装用することになったとしても、外すときはあると思いますのでメガネは必要となってきます。
ですからコンタクトをしている人は、どちらにしてもメガネは必須です。

メガネの特徴からまず考えてみましょう。
メリットとしては、コンタクトレンズに比較して価格が安いことが挙げられます。もちろん、メガネを壊してしまう場合は別ですが。
そして、レンズの入れ替えが簡単にできます。屈折の状態は変わっていきますので、度数の替えができるというのはよいことですよね。

また、掛けはずしがしやすいです。「ちょっと外しておいておく」ということがメガネでは可能となります。
簡単に言えば、メガネはコンタクトレンズよりも安く(通算して考えれば)、手入れが簡単、そして目に直接入れるわけではないので安全、ということです。

では逆にデメリットは何でしょうか。
外見の問題もあるかもしれませんね。今は「メガネ男」などとメガネがもてはやされていますが、そう考えない人もいますしね。
あとはスポーツの時にメガネをかけては、激しい動きができません。

そして、これは誰にでもあてはまるわけではありませんが、右と左の度数が大きく違う人はメガネをかけるとまっすぐ歩けなかったりします。
そんな人にはメガネは使えません。
わかりやすく言えば、右は1.5見えるのに左は0.06くらいしか見えない。こんな人にはメガネ使用は難しいのです。
また、視界がコンタクトレンズと比較すると狭い、というデメリットもあります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。