コンタクトレンズ
◆メガネレンズがとにかく安い! 
コンタクトレンズ比較で激安コンタクトレンズを手に入れましょう。ハード、ソフト、使い捨て問わず、コンタクトレンズの価格、性能を比較!通信販売で激安コンタクトレンズを手に入れましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんは、コンタクトレンズをどこで処方されますか?言い換えるとどこで買いますか?
今はこの質問で圧倒的に多い答えは「メガネ店」や「コンタクトレンズ量販店」なのではないでしょうか。
もしかしたら、値段を比較するのに便利な「ネットで」ということもあるかもしれませんね。
使い捨てコンタクトレンズの箱に度数は書いてありますから、「調子悪くないし、見え方もいいから同じものでいいや」という気持ちもわからなくはありません。

しかし、使い捨てレンズを買いに行くということは定期検診にもなりますから、本当には必要なことなのですよ。
度数も死ぬまでずっと同じということはなくて、変わっていくものです。
眼科の専門医で、コンタクトレンズを処方してくれるところに行ったほうがいいことは言うまでもありません。

最近問題になっているのが、メガネ屋やコンタクトレンズ量販店の横などにある「コンタクトレンズ診療所」です。
これは、メガネ屋や量販店が医師を雇い開いているものですが、当然「眼科」という表示になっています。
ところが診察日が週に2日ほどしかなかったり、1日に2~3時間しか診察時間がなかったり。あとはお店で対応しているわけです。

そして、眼科と標榜しておきながら、実際には眼科の専門医ではない医師が診察している場合があるのです。
目の検査などの医療行為は、医師であれば誰でもいいのです。
しかし、そうした医師は当然専門外ですから、コンタクトのことはわからない。当然、店員にまかせているのが実情です。
そして、その店の利益が一番出る商品をお客に売るわけですね。

そして、処方後のフォローが当然できないわけですから、もし異物感などがあってもその眼科では対応できません。
結局正規の眼科に行くわけです。

目という大切な器官にコンタクトレンズという異物をいれているんだ、ということを自覚して眼科を選べば、比較するまでもありませんね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。