コンタクトレンズ
◆メガネレンズがとにかく安い! 
コンタクトレンズ比較で激安コンタクトレンズを手に入れましょう。ハード、ソフト、使い捨て問わず、コンタクトレンズの価格、性能を比較!通信販売で激安コンタクトレンズを手に入れましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンタクトレンズの種類の違いは主にはハード・ソフトの違いですが、ここではその他の種類を挙げてみます。
・・・と言っても、大きく言えばソフトコンタクトレンズの中の種類であったりするのですが、わかりやすくなるかな、と思って書きますね。

●カラーコンタクトレンズ:ソフトコンタクトレンズの虹彩部分に色のついているレンズです。医療用のものとおしゃれ用のものがあります。
シルバーやゴールド、ブルーなど。ちょっと驚いてしまうこともありますね(笑)
色素レンズがレンズを微妙に変化させたりするので、眼障害をひきおこしてしまうこともあります。私が勤務していた眼科では、処方するときには手入れ方法などをうるさいほどに指導しました。

●使い捨てコンタクトレンズ:ソフトコンタクトレンズのもので、1日のものや1週間、2週間、1ヶ月のものまであります。便利ではありますが、指定の期間を超えて装用していると目に重篤な症状が出ることがあります。
近年、話題になっていますね。

●トーリックレンズ:乱視用のソフトコンタクトレンズです。通常、乱視はハードレンズで矯正できるのですが、装用感の問題やハードで矯正しきれない場合にこのレンズを使用します。
不安定なので、度数をあわせるのにとても慎重になる必要があります。

●バイフォーカルレンズ:いわゆる遠近両用のレンズです。ハードもソフトもあります。
遠近両用メガネの処方が難しいことと比較しても、さらにこのレンズの処方は難しく、調整を何度もされる患者さんも多いですね。
もう少し改良されないと、普及は難しいと思われます。

連続装用や終日装用など、もう少し種類はあるのですが、これぐらいでしょうか。
かなりたくさんあるでしょう?様々なレンズを知って比較したうえで、とても慎重に眼科医はコンタクトレンズの処方を行っています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。