コンタクトレンズ
◆メガネレンズがとにかく安い! 
コンタクトレンズ比較で激安コンタクトレンズを手に入れましょう。ハード、ソフト、使い捨て問わず、コンタクトレンズの価格、性能を比較!通信販売で激安コンタクトレンズを手に入れましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メガネとの比較のところで少し述べましたが、コンタクトレンズにはどのような種類のものがあるのでしょうか。
そして、それぞれがどのように種類を選ぶべきなのでしょうか。ここではそのことを考えていきたいと思います。
私は眼科に少し勤めていたのですが、コンタクトレンズを作りに来る患者さんはたいていどのレンズを作りたいか決めていることが多いです。
身近な人などに聞いて、比較して、判断しているのかもしれません。ただし、診察して視力検査をして、必ずしも希望のレンズをみんなが装用できるというわけではありません。
特殊な場合は、眼科医の判断に従いましょうね。

●ハードコンタクトレンズ:名前の通り硬いレンズで、指で持ったときに形をしっかり保っています。そしてソフトよりも小さめです。乱視のある人の矯正には有効です。
角膜の上に乗せる、という感じになります。ただし初めての人には装用感が悪いので、慣れるまで我慢できる人でないと難しいと思います。
しかし慣れてくると装用感も気にならなくなりますし、むしろ問題のおきやすいソフトよりも眼科医としてはこちらをお勧めするのではないでしょうか。
耐用年数は2年、ぐらいですかね。

●ソフトコンタクトレンズ:やわらかいレンズで、ハードよりも大きめです。倍くらいですかね?角膜にかぶせるような形で目に装用します。
水分を多く含んでいるので、手入れをしても汚れがつきやすいです。装用感はハードよりいいです。
ソフトコンタクトレンズの中にも色々と種類があります。耐用年数は1~2年ほどだと思ってください。

ハードレンズとソフトレンズを比較すると、装用感の問題がやはり大きいようです。

どちらにしても眼科医と相談することと、定期検診は必要です!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。