コンタクトレンズ
◆メガネレンズがとにかく安い! 
コンタクトレンズ比較で激安コンタクトレンズを手に入れましょう。ハード、ソフト、使い捨て問わず、コンタクトレンズの価格、性能を比較!通信販売で激安コンタクトレンズを手に入れましょう!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルが大げさだと思われますか?いえいえ、決して大げさではなくて実際に失明する場合もあるのです。
その原因の一つとして比較的多いのが「アカントアメーバ」です。
アメリカのソフトコンタクトレンズ使用者のなかから、爆発的に角膜炎から失明してしまう患者がでたことがあります。
当時アメリカは、水道水で洗浄液をつくるやり方が主流だったのです。
その水道水を介して、アカントアメーバが増殖してしまったのですね。

彼らは原始的な原虫であり、水道水や土の中で生息しています。
コンタクトレンズを装用している者のなかで、ソフトレンズコンタクトの人たちに比較的多く発生します。
ソフトコンタクトは本来洗浄液ですすぐものなのに、水道水ですすいでしまい目に装着してしまう。
その時角膜に傷があったりすると、感染してしまうのです。
傷ができるのは、たいてい誤った装用をしている場合ですね。
時間を超えて何日も装用してしまっていたりすると、傷ができますから。
また、土のついた手で目をこする、などという行為でも感染するようです。

感染してしまうと、早期発見が難しいことでも知られています。
眼科医でも、一見角膜ヘルペスのようにしか見えないことから治療が遅れ、その間に角膜が白濁してしまい失明、という事態に至ってしまうようです。
専門医でもこのように見つけるのが比較的難しいのです。

ですから感染しないように、水道水でソフトコンタクトレンズを洗ったり、装用したまま洗顔したりしないようにしてください。
そして決められた装用時間、手入れ方法を守りましょうね!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。